内臓温度Top > 内臓温度のことを知ろう

内臓温度ってなに?

内臓温度ってなに?

体温には2種類あり、わきの下で計る“体表面温度”とからだの内部の温度である“内臓温度”です。一般的に体表面温度は36.7度前後、内臓温度は37.2度〜38度が理想的と言われています。日本人の体表面温度 ...続きを読む


内臓温度の調べ方(測り方)

内臓温度の調べ方

内臓温度を正確に知るには深部温度計を入れ直腸の温度を測る必要があるため病院にいく必要がありますが、正確な数値は測れませんが、内臓温度が下がっているかどうかを調べる簡単な方法があります。 食後2時間は避 ...続きを読む


体温を上げて免疫力を上げよう

体温を上げて免疫力を上げよう

健康を気にする方なら、免疫力という言葉を聞いたことがあると思いますが、これはウイルスや雑菌、異物などから身体を守るための防衛機能です。空気や食べ物、水道水やお風呂など、私たちの身の回りには異物を持つ ...続きを読む


内臓型冷え性の特徴・症状

内臓型冷え性の特徴・症状

冷え性に悩む人は多いですが、手や足などが冷える末端冷え性というのが一般的です。ですが、あまり知られていないものの、身体に悪影響を及ぼすもう一つの冷え性があり、それが内蔵型冷え性というものです。内臓型 ...続きを読む


内臓型冷え性の原因

内臓型冷え性の原因

胃は内臓器官の中でももっとも活動量が多いため、たくさんの血液が集まってくるので、通常であればお腹周辺というのは冷たいことはありません。ですので、お腹に手を当ててみて、他の部位よりも冷たいと感じたら内 ...続きを読む


内臓温度と免疫力の関係

内臓温度と免疫力の関係

ダイエットでをする上でイチバン重要な基礎代謝。基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために必要な最低限のエネルギーのことで、眠っている間でも常に消費されています。 基礎代謝の他に日常生活の中で必 ...続きを読む


内臓温度とダイエットの関係

内臓温度とダイエットの関係

内臓温度が低下すると血液の流れが悪くなり、それぞれの器官に充分な血液が運ばれなくなってしまいます。その結果、各器官が酸欠状態になるため、しっかりと働かなくなり、胃の消化不良によるもたれや肝機能の低下 ...続きを読む


内臓温度と内臓の働きとの関係

内臓温度と内臓の働きとの関係

健康を気にする方なら、免疫力という言葉を聞いたことがあると思いますが、これはウイルスや雑菌、異物などから身体を守るための防衛機能です。空気や食べ物、水道水やお風呂など、私たちの身の回りには異物を持つ ...続きを読む


内臓型冷え性を改善する方法

内臓型冷え性を改善する方法

内臓型冷え性というのは、ほとんどの場合が生活習慣の中に原因があるので、症状を引き起こしている習慣を把握しなくてはいけません。ただし、一度内臓型冷え性になってしまうと、生活習慣を改善するだけでは元に戻 ...続きを読む


間違った冷え性対策

間違った冷え性対策

冷えは血行不良によって引き起こされるので、体を温めるために入浴をしたり、タートルネックなどで首周りを冷やさないのは冷え解消に有効です。ですが、逆に入浴や洋服が冷えを引き起こす原因となることがあります ...続きを読む


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。