内臓温度Top > 内臓温度低下の改善方法 > 冷え性の改善に効果的な漢方は?

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


漢方で冷え性を改善しよう

漢方で内臓温度を上げる

最近は漢方も身近な存在になってきていますし、取り扱いをする薬局も増えているので、冷え性がなかなか治らないという方は漢方を試してみるのもいいでしょう。

漢方は、薬効によって無理に体の状態を変える薬とは違い、生薬が持つ力で体質改善をして症状を治していきます。

つまり原因となっている自律神経の乱れや血行不良を根本から改善することが出来るので、まさに冷え性にぴったりなのです。

ただし、冷え性と一口に言っても、エネルギーとなる栄養が不足して熱の産生が滞っている、血液の流れが悪い、体内の水分量が多すぎて水分が溜まっているなどいろいろなタイプがあります。

漢方の世界では、エネルギー不足は気虚、血行不良はお血、水分量過多は水毒と言います。

漢方というのは病名に対して処方されるのではなく、体に起こる症状や原因に合わせていろいろな種類があるので、冷え性のタイプをしっかり把握して合ったものを飲みましょう。


どんな漢方があるの?

気虚に効果があるのは、真武湯・十全大補湯・人参養栄湯・八味地黄丸・牛車腎気丸などになります。

お血には、当帰四逆加呉茱萸生姜湯・当帰芍薬散・桃核承気湯・桂枝茯苓丸・加味逍遙散などが効果的です。

水毒の場合だと、苓姜朮甘湯・防已黄耆湯・半夏白朮天麻湯・当帰芍薬散などが代表的な漢方になります。

もし自分では分からないという場合は、薬剤師さんに症状を説明して適した漢方を教えてもらいましょう。

漢方は即効性があるものではありませんが、きちんと飲み続けることで冷え体質を改善する効果が期待出来るので、しっかり続けてみてください。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。