内臓温度Top > 内臓温度低下の改善方法 > 内臓温度を上げるための食事法

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


食事にショウガを取り入れて内臓温度をアップさせよう

ショウガで内臓温度を上げる

食事というのは、食材に含まれる栄養素をバランスよく摂れる最高の健康法です。

この食事を少し気をつけるだけで、内臓の冷えを解消して温度を上げることもできるので、毎日の食生活で実践していきましょう。

一番手軽なのは血行促進効果があるしょうがを取り入れることです。

ショウガにはジンゲロールという辛味成分が含まれていますが、これには末梢血管を拡張して、体全体の血のめぐりを良くする効果があります。

血行が良くなると、冷えた内臓周りの血流も活発になるので、代謝が活性化されて内臓温度も上がって行きます。

また、ショウガに熱を加えるとショウガオールという成分が増加しますが、これは冷え症の改善効果があるので、いろいろな料理に活用してください。


内臓温度アップにはお酢もおすすめ

そして、もう一つオススメなのがお酢です。

お酢には血小板凝集抑制効果と白血球粘着抑制効果があります。

言葉だけ見ると難しいですが、簡単に言ってしまうと血液がどろどろになるのを防いで、さらさらにしてくれるというのがこれらの効果です。

血液がさらさらになれば詰まることなく体内をめぐるので、末梢血管までしっかりと行き渡り、内臓の冷えを解消することができます。


根野菜を積極的に食べると内臓温度のアップに繋がる

根野菜を食べる

また、冬が旬の根野菜にも体を温める効果があります。

野菜というのはその季節に合わせて体調を整える効果があるので、夏野菜は体を冷やしますが、冬野菜は体を温めてくれます。

ニンジンや大根、レンコン、ごぼうにはビタミンCやビタミンEが含まれています。

ビタミンCは毛細血管の機能をサポートする働きがありますし、ビタミンEは血行を良くする働きがあるので、根野菜を積極的に食べると内臓温度のアップに繋がります。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。