内臓温度Top > 内臓温度低下の改善方法 > 短期間で内臓温度を上げる方法

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


短期間で内臓温度を上げる方法とは?

体操で内臓温度を上げる

内臓温度が低いと体調やメンタル面に悪影響が引き起こされるので、すぐに改善を行う必要があります。

もちろん根本的に治すためには長期的な対策を行って、体質自体を変えていかなくてはいけませんが、まずは即効性のある方法を実践しましょう。

短期間で内臓温度を上げる方法は、体操やカイロを貼るというのが有効です。

体操といっても難しいものではなく、心拍数を上げて血行を促進出来る軽い運動で大丈夫です。

運動は血流改善に即効性があるので、こまめに動くように心がけるだけでも効果的です。

方法としては、15分から30分程度、少し早足のウォーキングをするのもいいですし、ラジオ体操でもしっかり体を動かせば全身をまんべんなく伸び縮みさせることができるので血流が良くなります。


カイロで患部を温めることもおすすめ

カイロで患部を温める

カイロはダイレクトに患部を温めることが出来るので、もっとも即効性がある方法です。

温めることで内臓温度が上がりやすいのは、おへその下とその真後ろの腰の部分になので、この部分にカイロを貼ってください。

ただし、肌に直接貼るのはやめましょう。

カイロは一部分だけに集中して熱を発生させるので、直接貼るとやけどのような状態になってしまいます。

直接貼らなくても効果が下がることはありませんから、必ず下着をはさんで貼るようにしましょう。

これらの方法は即効性があると同時に、毎日続けることで内臓温度の低下を根本的に改善することができます。

特に体操は血液のめぐりに大きく関係しているので、無理せず自分にあった運動を見つけて、毎日の習慣にしてください。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。