内臓温度Top > 内臓温度のことを知ろう > 内臓型冷え性を改善する方法

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


内臓冷え性を改善しよう!

半身浴で体を温める

内臓型冷え性というのは、ほとんどの場合が生活習慣の中に原因があるので、症状を引き起こしている習慣を把握しなくてはいけません。

ただし、一度内臓型冷え性になってしまうと、生活習慣を改善するだけでは元に戻すことが難しいので、内臓を積極的に温める解消方法を実践していきましょう。


内臓冷え性の改善には身体の内側から温めることが大切

冷え性改善のためにまず一番大事なのは、身体を芯から温めるということです。

そのための方法としてもっとも手軽なのは入浴です。

芯から温まるには、ぬるめのお湯に30分程度浸かるのが理想的ですが、塩や日本酒などを入れれば10分ぐらいでも十分に温まるので、しっかりとお湯に浸かりましょう。

着るものも重要で、身体の表面が冷たくないからといって薄着をしていると内部が冷えてしまうので、冬はもちろん夏でもクーラーが効いている部屋ではお腹周りを冷やさないように心がけてください。

また、しょうがやにんにく、ネギ、トウガラシなどは血行を促進して体内の温度を上げてくれるので、内臓型冷え性の改善に繋がります。


内臓冷え性の改善には運動も大切

ジョギング

そして、もう一つ大事なのが運動です。

運動不足は血行不良を引き起こすだけではなく、筋肉量が減少してしまうので、体内は常に冷えやすい状態になってしまいます。

入浴や食べ物で体内を温めても、筋肉が少ないとその状態を維持することができません。

ハードな筋トレなどはしなくてもいいので、ウォーキングなど身体全体の血の流れを良くする全身運動を、15分程度でいいので続けましょう。

毎日運動をすると冷え体質の改善になりますし、自律神経も整うので内臓型冷え性を根本的に解消することができます。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。