内臓温度Top > 内臓温度のことを知ろう > 内臓型冷え性の原因

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


あなたも内臓型冷え性かも?

冷たいビールで内臓型冷え性

胃は内臓器官の中でももっとも活動量が多いため、たくさんの血液が集まってくるので、通常であればお腹周辺というのは冷たいことはありません。

ですので、お腹に手を当ててみて、他の部位よりも冷たいと感じたら内臓型冷え性の可能性があります。

内臓型冷え性の原因は、大きく分けると食生活と運動不足の2つが挙げられます。


内臓型冷え性はなぜ起こるの?

冷たいものを食べたり飲んだりすることが多いと、お腹が冷えるので内臓型冷え性になりやすいのですが、特に身体を冷やす食べ物が好きという方は注意が必要です。

きゅうりやトマト、アイス、ビールなど、暑い季節にぴったりというものの多くは、身体を冷やしてしまいます。

またカフェインの摂り過ぎも冷えにつながるので、コーヒーや緑茶をたくさん飲む人は内臓型冷え性を引き起こすので気をつけてください。


運動不足も内臓型冷え性の原因に

生活習慣を見直そう

もう一つの原因となる運動不足は、全身の血行が悪くなるので腸への血液の量が減少してしまいます。

特に女性は筋肉量が少ないので、もともと血のめぐりが悪くなりやすいため、内臓型冷え性になりやすいと言われています。

運動量が足りなくて血液の流れが低下すると、腸の蠕動運動が滞り便秘が引き起こされることもあります。

便秘になると腸や胃の働きが衰えて、さらに血流が低下してしまうので内臓が冷えるという悪循環になってしまいます。

他にも、喫煙や睡眠不足、ストレスによる自律神経の乱れなども原因となることがあります。

このように、内臓型冷え性というのは単に食生活や運動量だけが原因ではなく、複数の要因が重なって起こるので、生活習慣全体を見直す必要があるのですね。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。