内臓温度Top > 内臓温度のことを知ろう > 内臓型冷え性の特徴・症状

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


内蔵型冷え性とはどんなもの?

内蔵型冷え性

冷え性に悩む人は多いですが、手や足などが冷える末端冷え性というのが一般的です。

ですが、あまり知られていないものの、身体に悪影響を及ぼすもう一つの冷え性があり、それが内蔵型冷え性というものです。

内臓型冷え性は名前から分かる通り、手足など身体の表面ではなく内臓が冷えてしまうという症状です。

自分で触ったり温度を計ることが出来ないので自覚している方は少ないのですが、これを放っておくと免疫力が低下したり太りやすくなったりするので注意が必要です。


内蔵型冷え性の特徴は?

内臓型冷え性の特徴は、一言でいうとお腹が緩いということです。

下痢をしやすいという人はいますが、内臓型冷え性だと冷房に当たるだけでお腹が下ったり、冷たいものを口にしたらすぐにトイレに行きたくなります。

また、内臓を冷えから守ろうとして脂肪がつきやすくなるため、メタボになりやすいというのが特徴です。


内蔵型冷え性の体外に現れる症状は?

内臓型冷え性の体外に現れる症状は、メタボでなければ生活習慣病のように深刻な病気になる心配はほとんどありません。

ですが内臓型冷え性をそのまま放っておくと、身体全体の血液の流れが悪くなり、代謝や抵抗力、免疫力が低下してしまうため病気にかかりやすくなるという症状が引き起こされます。

さらに内臓が冷えた状態だと、病気の治療を行っても治りづらくなったり、血流の悪化によって生活習慣病のリスクが高まります。

自分ではなかなか分かりづらい内臓型冷え性ですが、思い当たるような症状があったら、すぐに改善のための対策をとって健康を守るようにしましょう。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。