内臓温度Top > 内臓温度のことを知ろう > 内臓温度と内臓の働きとの関係

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


内臓温度の低下が内臓の働きを低下させる!?

内臓の働き

内臓温度が低下すると血液の流れが悪くなり、それぞれの器官に充分な血液が運ばれなくなってしまいます。

その結果、各器官が酸欠状態になるため、しっかりと働かなくなり、胃の消化不良によるもたれや肝機能の低下による疲労感、腎機能低下によるむくみや腸機能低下による下痢や便秘などが起こりやすくなります。

それにともない、他の疾患を誘発しやすいからだにもなってしまいます。


内臓温度の低下によってアルツハイマーに?

胃腸は脳と直接の連絡網を持っており、胃腸への刺激は直接脳に伝わるため、胃腸を冷やしてしまうと、脳の働きさえも阻害してしまう危険性があります。

典型的な例として、アルツハイマーの方の胃腸はほとんど動いていないため、急激に胃腸をあたためると痴呆が治ったという事実が報告されています。

これは胃腸と脳が密に関係している証拠です。

また内臓温度の低下により、各器官がうまく働かないことによって老廃物が溜まり、くすみや吹き出物ができたり、婦人科系疾患にもかかりやすく不妊症にもつながってしまいます。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。