内臓温度Top > 内臓温度のことを知ろう > 内臓温度とダイエットの関係

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


まずは知っておきたい基礎代謝

基礎代謝が重要

ダイエットでをする上でイチバン重要な基礎代謝。

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために必要な最低限のエネルギーのことで、眠っている間でも常に消費されています。

基礎代謝の他に日常生活の中で必要なエネルギー量を生活代謝といいます。

ただし、この基礎代謝は、特別の努力をしなければ男性16歳、女性14歳をピークに下がります。

20代の女性で1日あたりの基礎代謝はおよそ1200キロカロリー。20代の女性の1日あたりに消費する生活代謝が約2,000キロカロリーですから、半分以上を基礎代謝が占めていることになります。

摂取するエネルギー量が消費するエネルギーよりも少なければ、ダイエットが見込まれます。


基礎代謝が低下すると体重が増える

ウエスト周り

内臓温度が1度低下すると約12%〜15%の基礎代謝の低下が起こり、低下した分のエネルギーが代謝されずにからだに蓄積され、体重が増えてしまいます。

また内臓温度が下がると血液の流れが悪くなり下腹部にうっ血がおこり、内臓の働きが低下して免疫力までもが悪くなります。

代謝が悪いため、努力してダイエットに成功しても、気を緩めるとすぐにリバウンドし、またダイエットっと同じことの繰り返しというふうに悪循環に陥り痩せにくいからだになってしまいます。

基礎代謝の低下はダイエットの天敵で、基礎代謝を改善することはダイエットへの近道となります。


からだの中からあたためましょう

内臓温度を上げるためには、まずからだを冷やさないことです。

冷房を避けたり、タバコは吸わない、冷たい飲み物は飲まない、シャワーだけですまさず湯船につかるなど、簡単そうに思えて生活習慣の一部になってしまっているため全てをやめるのは難しいかもしれませんが、冷やすことは避け、からだの中からあたためることを心掛けましょう。

他にも、腹巻きをしたり、カイロをお腹とお尻の上に貼る、気持ちいいと感じる温度での半身浴、生姜を多用した料理を食べるなど少しの工夫により冷えが改善する上、代謝もよくなりダイエットにつながります。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。