内臓温度Top > 内臓温度低下で起こる症状 > 内臓温度の低下でうつ様症状

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


内臓温度とメンタルの関係

落ち込む女性

悲しいことや辛いこと、嫌なことなど、人間なら誰でも体験することですし、それによって落ち込んだり生きる気力を失ってしまうこともあるでしょう

ですが、どんな状態になったとしても、時間が経ったり鬱憤を晴らすことができれば、自然と気持ちも回復していきます。

このようにうつというのはメンタル的な要因からもたらされるのが一般的なのですが、実は内臓温度も深く関係しているのです。


内臓温度の低下でメンタル面にも影響

内臓温度が低下して冷えてしまうと、内臓機能が正常に働かなくなるため、自律神経がそれを察知して交感神経や副交感神経の働きを変えてしまいます。

交感神経は活発に活動したり、血液の流れを促進したりしていますが、生命の危険を感じるとエネルギーを消費しないように副交感神経が優位になります。

副交感神経はリラックス状態の時に働く神経ですが、交感神経の働きが低下することで時間に関わらず優位な状態になり体力を温存しようとするのです。

基本的に昼間は交感神経、夜は副交感神経というシフトで働いているのに、これが変わるとバランスが崩れてしまい、その影響がメンタルに現れてきます。

自律神経のバランスが重要

バランス

自律神経のバランスが崩れると、仕事をしていてもやる気が起きない、集中力が続かない、だるさが続くという状態になってしまうので、だんどんうつっぽくなります。

ただ、内臓温度が原因でうつっぽくなっていても、外部から精神に影響を与えることが起きていないため、自分ではうつ状態になっていることに気がつきません。

ですがうつ状態が続くと、健康な精神を保てなくなるのでうつ病へと進行してしまうこともあるので、特に原因がないのにうつっぽいという方は、内臓温度が低くなっていないか確かめてみましょう。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。