内臓温度Top > 内臓温度低下で起こる症状 > 内臓温度低下で内臓の働き悪化

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


内臓の役割について

体調不良の女性

内臓は、食べ物が通過していく消化管、消化吸収をサポートする肝臓やすい臓、胆嚢、アルコールの分解や排泄物を作る腎臓や腸などいろいろな器官があります。

健康で生きていくためには、すべての内臓が正常に働くことが必要ですし、どれか一つでも機能が低下するとその影響で、他のすべての内臓に大きな負担がかかります。

内臓というのは常に働いている状態ですが、そこにさらに負担をかけてしまうと、他の内臓の機能低下まで引き起こされてしまいます。

消化吸収や排泄などの機能が低下すれば、疾患のリスクが高まるのはもちろん、どんなに健康的な生活を心がけても維持することが難しくなってしまうのです。


内臓温度の低下が内臓の働きの低下を引き起こす原因に

このように、健康を害する内臓の働きの低下を引き起こす原因の一つが、内臓温度の低下です。

内臓温度というのはその名の通り内臓の温度のことで、血流が悪くなったり、暴飲暴食、喫煙などの負担によって内臓温度が低くなります。

内臓温度が下がると、さらに血流が悪くなってしまうため、内臓の回復や修復のために必要な栄養や酸素が不足してしまいます。

内臓の働きは、毎日行わる修復作業によって正常に保たれるので、これがきちんと行われない状態になるということは、内臓機能の低下を招く要因となるのです。

病気とまではならなくても、消化不良で胸焼けが起きたり胃痛が起きたり、疲労感やだるさ、むくみなど内臓の働きが低下すると、あらゆる不調が引き起こされます。

また、脳とダイレクトにつながっている胃腸が冷えると、脳への刺激が減少するためアルツハイマーなど脳障害による疾患のリスクも高まるので、内臓温度が低下しないように気をつけなくてはいけません。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。