内臓温度Top > 内臓温度低下で起こる症状 > 内臓温度低下で基礎代謝が低下

効果を実感!実際に使ってみて評価しました。

冷えに悩んできた管理人が実際にサプリを使ってみて客観的に評価しました。

試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?


「生きるために必要なエネルギー」である基礎代謝とは?

体重計

カロリーを消費するためには運動をしなくてはいけない、と思っている方も多いかもしれませんが、人間はただ生きているだけでたくさんのカロリーを消費しています。

起きている時はもちろん、寝ている間も呼吸をし、脳や内臓器官は働いているので、24時間常にエネルギーを使っているのです。

この「生きるために必要なエネルギー」のことを基礎代謝といいます。

基礎代謝量は、体重や年齢、生活活動など人によって違いますが、内臓の温度でも違いがあるのです。


内臓温の低下と基礎代謝の関係

肥満というのはカロリーの過剰な摂取や運動不足などが原因と言われますが、周りを見てみるとたくさん食べているのに太らないという人もいるでしょう。

これは基礎代謝が高いので、特別運動をしなくても1日に消費されるエネルギーが多いため太らないのです。

逆に、食事も規則正しく量も普通で適度な運動をしていても痩せない、太りやすいという人もいますが、それは基礎代謝が低いからです。

この状況を作り出すのが内臓温度の低下です。


内臓温度が1°下がると基礎代謝量が約12%も減少してしまう

内臓温度が1°下がると、なんと基礎代謝量が約12%も減少してしまうのです。

カロリーで言うと、300から500kcalも消費量が減ってしまうので、基礎代謝が低いということはご飯1杯分から2杯分余計に食べているのと同じことになるのです。

つまり、内臓温度の低下は肥満を引き起こしたり、メタボによる生活習慣病のリスクを高めることに繋がります。

食生活を変えていないのに太ってきた、体重が増えたという場合は、内臓温度の低下による基礎代謝の低下が考えられるので、ダイエットをするならまずは内臓温度をアップさせるための対策を行いましょう。


冷え性サプリを実際に使ってみました

冷えに悩む管理人が実際に冷え性改善サプリを試しに使っていますので、使用感や冷え改善の実感をご覧ください。参考になれば幸いです。
「実際に使った冷え性サプリ」一覧 >>


試したサプリ一覧

⇒ 1ヵ月使ってみて一番効果を実感できたサプリは?
⇒ 実際に使ってみて即効性を実感できたサプリは?

内臓温度が低下すると風邪が治りにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患も起こりやすくなります。